皆さまへのメッセージ

ドクター写真 予防は、治療と同じくらい大切です。

多くの歯科疾患は治療できますが、それでも歯を削ったり、抜いたりしなくてはならない場合もあります。削った歯や抜いてしまった永久歯は再生することはありません。ですから、当院では、治療をすると同時に、これ以上、新たな疾患ができないように、予防の指導も十分にさせていただきます。

歯の磨き方を変えたり、少々今までより面倒になることもあるかと思いますが、お口の健康をお守りするには、皆さまのご協力も不可欠です。

むし歯や歯周病を防ぐ方法や情報は、当院が一生懸命お伝えいたしますので、一緒に力をあわせて頑張りましょう!!

治療の際に心がけていること

歯科医師は、お口の中を見るのが仕事ですが、私はさらに皆様のお顔を見るように心がけております。初めてご来院いただき不安そうな患者様のお顔。今までに治療を続けてきて、おっしゃりたいことがあるのに言えずにいる患者様のお顔。

お顔を拝見することで、皆様の気持ちをくみとり、少しでも笑顔になってお帰りいただきたいです。

院長プロフィール

氏名
大林 茂樹(おおばやし しげき)
略歴
1979年 広島大学歯学部卒業
同大学第一口腔外科学講座入局
東京西新宿小森矯正歯科医院勤務
1984年 浜松市西町にて大林歯科医院開業
所属団体・学会
東京矯正歯科学会会員
日本歯周病学会会員
静岡県保険医協会理事
一番うれしかったこと
ある日、かなりご高齢の方が医院にいらっしゃいました。

「前歯がグラグラで物が食べられない。何とかしてほしい」とのことでした。

お口を拝見させていただくと、歯周病でグラグラ動く歯、むし歯だらけで残っている歯も少ないのです。そこで、お話しのうえ、もたない歯を抜いてむし歯はかぶせ、そのうえで部分入れ歯を入れて差し上げました。

すると、歯を抜いた時点でそれまで目がかすんで見えなかったテレビが見え、新聞も読めるようになったとおっしゃいました。

さらに入れ歯をいれてから杖無しで歩く、自転車にも乗って来られるようになりました。来院されるたびにそのことを何度も何度も感謝の気持ちとして述べられ、私としては自分のことのように、また家族のことのようにうれしく、心温まりました。

「こんなによくなるんだったら、もっと早く来るんだったな」とぽつりと言われたひとことが私の心に残りました。

休日の過ごし方
休日は家でまったりしています。読書したりテニスをして運動不足を解消します。ダンス競技会に出ます。 休日の過ごし方イメージ